茨城における葬儀と宗教

subpage01

葬儀を行うにあたって注意しなければならないのが宗教による違いです。

同じ宗教でも開祖や教えが異なるいくつかの宗派にわかれていることがあり、この宗派によっても独特の作法を持っているケースもあります。

茨城で葬儀情報を集めたサイトです。

あらかじめ葬儀をはじめる前に確認をしておいて、当日に不手際のないようにすることが必要です。
茨城県内の場合には、大部分は仏教の形式で行われていますので、どちらかといえば宗派による違いのほうに気をつけるのが適切といえます。


茨城県の大部分はかつて常陸国とよばれており、鎌倉時代にはここで浄土真宗の宗祖がみずから普及に努めていた歴史的な事情もあって、宗派としては浄土真宗が割と多くなっています。



この場合は亡くなればすぐにでも極楽往生ができるという意味で、亡くなった人に杖を持たせるなどの旅装束を着せることはないほか、線香などもふたつに折って香炉に寝せておくなどの、他の宗派とは違った独自のふるまいをすることがあります。


また茨城県内で独特なのは神道による葬儀があることです。

これはわが国の伝統を重視する水戸学が生まれた土地柄という特殊性もあって、特に明治時代のはじめごろに地域に波及したケースが多くなっています。



神道形式では僧侶のかわりに神官が式場に訪れて祭文を読み上げるほか、仏教のような焼香はなく、玉串を捧げる行為がそのかわりとなります。


作法に慣れていないと当日にまごついてしまうことがありますので、事前に最低限の知識は仕入れておくべきです。