ファクタリング会社の比較のポイント

ファクタリングは売掛債権に保険をかけてリスクを回避したり、未回収の売掛金を買取るサービスのことです。

ファクタリングのおすすめ

日本では先に商品やサービスを提供し、後から代金を回収をするのが一般的ですが、こうした取引では売掛金の入金まで期間があるため資金難になったり、貸倒れになったりする可能性があります。

ファクタリングを利用することで、売掛先が倒産の恐れがある場合に保険をかけたり、未回収のままの売掛金を売却して現金化することで資金繰りを改善することができます。
ファクタリングには企業が売掛金を早期に現金化したい場合におこなわれる買取り型と、信用力について不安がある会社との取引で債権の貸し倒れのリスクを回避するためにおこなう保証型があります。


この二つを比較すると買取り型は資金調達を目的としますが、保証型はサービス提供会社が取引先を信用調査して保証枠内であれば売掛債権を保証をしてくれるので保険のようなものだといえます。
また買取り型には2社間・3社間があり、2社間はサービス提供会社に売掛債権を売却、売掛金が支払われた際にサービス提供会社に支払いますが、3社間はファクタリングを希望する企業とサービス提供会社、売掛先の3者合意のもとで契約、売掛先からサービス提供会社に直接売掛金が支払われます。



この二つを比較すると2社間は手数料は高いですが売掛先に売掛債権売却を知られずに済み、3社間は手数料を安くできますが取引先に資金繰りが苦しいといった印象を与えてしまう可能性があります。


ファクタリングを上手く利用すれば、資金難を改善したり売掛金の回収に不安がある場合でも取引を続けることができます。
ただし利用する際は、どういったタイプのものを、どこの会社で利用するのか、また3社間を利用する場合は取引先との今後の関係は大丈夫かなどといったことも含めて充分に比較検討することが大切です。