茨城県で葬儀をする場合の式場

subpage01

葬儀をするにあたっては、家族葬のように少人数だけで行う特別なケースを除いては、地域の自治会や会社の上司と同僚、その他家族や親族、友人知人などのさまざまな人々が参列に訪れることになるのが一般的です。
そこで最初の式場や日取りなどを選ぶ段階は、特に慎重を期して検討をする必要があります。
茨城県内の場合ですが、先祖代々の農家などが葬儀をする場合には、自宅を式場として行うケースもよく見られます。
この場合は地域の自治体の人たちなども帳場の仕切りや精進落としの料理の手配などを行うのが普通で、あえて住んでいる地域で行うのにも、地域の人の手伝いを見越した配慮があります。ほかに茨城県内では菩提寺となっている寺院で葬儀を行うケースもあります。

茨城で葬儀情報を集めたサイトです。

もちろんある程度の規模をもつ寺院に限定されますが、この場合は葬送儀礼そのものは本堂で、精進落としなどは付属の寺院会館に分けて行うのが普通です。



ほかに火葬の際には火葬場に移動する必要がありますので、マイクロバスなどの手配は必要です。さらに茨城県内ではそれぞれの市町村または広域市町村圏ごとに公営斎場が開設されているほか、民間の葬祭場も多数あります。


葬儀の規模が大きな場合には特にそうですが、こうした式場を借り上げて行うことも多くなっています。



いずれの場合も葬儀という目的のために特化した施設ですので、祭壇の搬入をはじめとするさまざまな準備がスムーズに行えるほか、駐車場なども広くとられているのが特徴です。