茨城の葬儀の風習について

subpage01

茨城県も東京を中心とした首都圏の一角を占めているため、いまでは亡くなった人をとむらうための葬儀についても、全国的なありかたとはそれほど異なった内容にはなっていません。

茨城で葬儀に興味ある方、必見です。

しかし茨城県の一部では、昔ながらの風習が残っていることもあります。

たとえば今では茨城県内でも葬儀の際のさまざまな準備は、地域の人々よりも専門の葬儀社が行うことが多くなっていますが、亡くなった人の御棺を火葬場に運ぶための担ぎ手の役割だけは、地域の自治会で同じ班や組に属している人たちだけで行うということもめずらしくはありません。



この役目のことは六尺とよばれており、一般には重い物を運んだりする人夫の意味ですが、茨城県内ではもっぱら葬儀の際の風習にかかわる言葉として残されています。
ほかにも他の地方にはあまり見られない風習としては、神葬祭の形式で葬儀を行う集落があることが挙げられます。


これは仏教ではなく神道にのっとり行われるめずらしいもので、特に復古的な水戸学が生まれた本場ということもひとつの要因になっています。

明治以降は連綿とこの形式だけで行われている集落もあります。



仏教の習慣は極力排除しているのが特徴で、焼香や読経などはもちろんありません。

そこで霊前で参列者が玉串を捧げたり、神主が呼ばれて祭詞を朗読したりします。

服装などは一般的な常識と同様にダークスーツや黒のワンピースでかまいませんので、それほどとまどうことはないものの、やはり他の地方が訪れた人にとってはインパクトが大きいものです。