ファクタリング会社を色々な角度から比較する

ファクタリング会社は関東を中心として首都圏にたくさんあります。
地方にファクタリング会社が少ないので関東の会社に依頼をしなければならないという事も生じます。ファクタリングは、買取型、保証型と2つに分類する事ができます。

ファクタリング会社

買取型は、更に2社間ファクタリングと3社間ファクタリングに分類されます。


2社間は、売掛先に知られる事なくサービス会社と取引をします。


3社間と比較すると手数料が取られてしまう可能性が高いですが現金化するスピードも速いです。2社間の方が手数料が高いのには理由があり、売掛先にばれないようにするために債権譲渡登記をしない契約をしなければならないのです。

債権譲渡登記をしないので、売掛金が回収できなかった場合には、サービス会社が全て負担をする必要があるからです。


それぞれのメリットとデメリットを比較して自身にとって最適な方を選択しましょう。全国にたくさん会社がありますが、金融業と比較しても法整備が進んでいません。
事業を開始するのに営業許可や免許の登録の規制がありません。



規制が緩いという事から消費者金融などに比べて参入のハードルも低いので質の悪いサービスを提供している会社も存在しています。

手数料が高い業者は選択肢から除外する事はもちろんですが、明らかに低い手数料の場合でも疑わなくてはいけません。



手数料だけでなくて契約内容もしっかりと確認して控えをもらうようにしましょう。
控えがもらえるかどうかも悪徳業社かどうかの比較対象になります。

ファクタリングの比較の関連情報

ファクタリングは売掛債権に保険をかけてリスクを回避したり、未回収の売掛金を買取るサービスのことです。日本では先に商品やサービスを提供し、後から代金を回収をするのが一般的ですが、こうした取引では売掛金の入金まで期間があるため資金難になったり、貸倒れになったりする可能性があります。...

more

ファクタリングの比較の納得の情報

事業経営の目的は利益の追求ですが、利益だけでは事業の継続はできません。常に利益を出すのは理想ですが季節的な売上の増減などによって時には一時的な損失が出ることもあり、そう言う時を乗り越えるために大切なのが資金繰りです。...

more

知りたいファクタリングの比較事情

ファクタリングにより売掛債権一般的には売掛金ですが、これを現金化したいときの依頼先を決める際には、比較検討をすることが大事です。特に考慮すべきなのは、現金化が出来るのはいつなのかとその際における手数料として支払うものになります。...

more

ファクタリングの比較のためになる情報

企業活動には色々な形態がありますが、概ね何かの製品を作って売ったり、サービスを提供するといったビジネスで利益をあげるといったものが多くあると思います。その活動を行うための資金は、すべて利益の中から調達出来るとよいのですが、新しい事業展開などをする際には、それ以上に多額の資金が必要になることもあります。...

more